肌が異様に痒く赤味があります

最近肌に変化が出て来ました。私は昔から肌が強いし、思春期でも肌トラブルもなくニキビで困ったり悩んだりしたこともありません。
しかし、ここ最近、肌が異様にかゆくなり、常にあかみがあります。乾燥でかゆみが出てるのかなと思い、まめに保湿をしたり、加湿器を使って乾燥しない状況を作ってみたりしましたが治りません。化粧水も桃の葉から出来た化粧水を使っていましたが、低刺激の化粧水に変えてみました。しかし、まだかゆみが止まりません。特に血行がよくなるお風呂あがりなどにかゆみが増すため、かいてしまいます。かきすぎてボツボツしてきました。特に最近生活環境の変化もありませんし、食べ物もいつも通りのものを摂取しています。考えられるのは老化でしょうか。
昔の写真を見ても、今の肌は20代の頃のようなムチムチしたはりがないし、ツヤもありません。今はかゆみを帯びてるし、口周りのシワも出てきています。いくら基礎化粧品をしっかりしてもなかなか予防はできません。顔のタルミもでてきています。写真を見ると完全に老いてるのが分かります。肌のトラブル知らずだった私は今の現状にショックをうけています。産後なのも影響があるのかもしれません。肌がナイーブになり、日中晴れた日に散歩などに日焼けどめを塗っていないとヒリヒリすることもあります。若いころは日焼け止めをしてなくてもへっちゃらだったし、塗ってる効果あるのかなって思う程だったのに。今は塗って外出しないと安心できません。日焼けどめは精神的に安心させるために塗っているとも言えます。よく、昔より今の方が若い人がいますが尊敬します。何をしているんだろうか気になりますね。私も化粧品を見直し、市販で売っているものじゃなくて、ちゃんと百貨店などで相談にのってもらいながら選ぼうかなと考え中です。脱老化!!

30歳前に毛穴の開きが気になりエステに

美容は基本的に私は30歳前くらいまでは面臭がり屋でもあった為、うといほうだったと思います。
でも30歳を前にふと鏡を見てみると、シミ、毛穴の開きがとても気になりだしエステに通うようになりました。そこで行ったのがレーザーのフォトフェイシャルです。すると出るわ出るわ隠れたシミ。もうショックでそこから数回お金をかけて通うことにしました。やはり色々お金をかけると肌も生き返るみたいで、肌のトーンも上がりシミも徐々に消えていきました。やはり年齢を重ねるとなにもしないよりもした方がきれいでいられるんだとつくづく感じました。また化粧品も肌に合うものに変えたのも良かったかもしれません。
私は昨年出産をしたのですが、33歳という年齢もあり抜け毛や肌荒れ、シミにとにかく悩まされました。お金をかけたシミ取りは生きたのか少しはましでしたがやはり抜け毛と肌はがさがさで旦那さんにもよく老けたねと言われていました。それが本当に嫌で髪の毛はシャンプーの仕方を変えて念入りに行うようにしたり、化粧水もパックしたりとにかく丁寧に行うようにしました。
また30歳すぎてからは体重もかなり落ちにくくなったと思います。お酒を飲んで食べても翌日むくまなかったのにパンパンに浮腫むしダイエットしても今までは食事制限のダイエットですぐに体重は落ちたのに今は全然痩せません。運動しても地道に落ちてゆくだけです。そういう感じなのでダイエットも嫌になりしまいにはダイエットをあきらめてしまう…。中年太りまっしぐらになりそうです。
なんとか地道におこなっている腹筋も腰痛になり中断してしまって老いを感じるようになってきました。これから40代に向かうにつれますます重力に負けそうです。

髪質の変化と白髪の増加

私は今31歳ですが、すでに出産を2度経験しています。
老いを感じ始めたのは2度ありまして、1度は髪の毛に老いを感じ2度目は肌に老いを感じました。
私はしっかり太めの固い髪質でカラーと癖毛もありましたので縮毛矯正をしたりパーマをあてたりしていましたがしっかりトリートメントをしていたので、天使の輪が頭部にあるほど綺麗な髪だったと思います。
しかし、2度目の出産後は28歳でしたが、出産後は誰でも抜け毛がひどいのですが1年近く抜け毛が止まらず今でもかなりの量の髪が抜けて年のせいか髪質も元に戻らず、水分がなくなったようでパサパサしています。
また、母親が白髪がある体質なので遺伝的なものなのか非常に白髪が増えました。初めはたまに白髪をみつける程度でしたが今では頻繁に抜かなければいけなくなり、白髪染めに変えるつもりでいます。
また30歳になった頃に肌が衰えたような感じがありました。今まで使っていた化粧品では化粧ののりがすごく悪くて肌質が変わったのかなと焦るようになりました。
それまではドラッグストアで化粧品を買っていたのですが、衰えを感じた時に高価な基礎化粧品を試したり試行錯誤しながら今は基礎化粧品だけ高いものに変えました。私は10年近くダイエットをしてるので、栄養不足によって白髪が増えてきたり、肌質が変わったのかなと思い今はダイエットで痩せることよりバランスよく食べて髪の毛や肌を綺麗にすることに力を入れています。以前は細ければ細いほどいいと思いましたが、髪の毛や肌が綺麗でないと老けてみえるような気がします。
女性って出産や育児の疲れで体質や髪質まで変わったり大変だなと思いますが、バランスよく綺麗に年をとりたいと思います。

おばさんからおばあさん顔に変化しつつある

53歳の主婦です。

8年くらい前の話です。
ふと、外出先で鏡に映った自分の顔を見ると、目の下、頬の下、口元、と、斜め下に走っているラインがくっきりと見えました。
丸顔だと思っていたのに、輪郭が長方形になっているし…。
それが、自分が本格的に、おばさんからおばあさん顔に変化しつつある、と実感した瞬間でした。

もちろんこれまでも、目の下のちりめん皺は30代から出ていたし、そばかすがくっついてしみになっているのも、わかっていました。
40代に入ったころからは、保湿しても保湿しても間に合わないくらい乾燥するようになって、二日に1度はシートマスクに手が伸びるようになっていました。
でも、ほうれい線や輪郭の変化は、それ以上の衝撃だったのです。

同じ時期に、目じりにカラスの足跡がくっきりと刻まれたり、おでこに横皺が入るようになりました。
立て続けに大きな変化が出てきたので、その時期は本当にへこんだのを覚えています。

化粧品もエイジングケアのラインを使っていたし、生活リズムや栄養にも気を配っていました。
もちろん紫外線対策は、日焼け止めだけじゃなく日傘や帽子も使っていたので、ばっちりな筈でした。
でも、老化のサインって時期が来れば出てしまうんですよね。

この大きな変化を目にして、さらに対策を考えました。
慌ててコラーゲンを飲んでみたり、高い美容液を買ってみたり、雑誌で見た顔の筋肉のトレーニングをしてみたり…、とあがき続けました。

でも、美容サプリなんて、本当にどれだけ効果がるのか怪しいものです。
効いた気になると効果があるような気するし、でも、ないような気もする、というくらいしか効きません。
美容液も、効果があっても一時的です。
顔のトレーニングは、確かに続ければ効果があるのでしょうが、非常に面倒くさくて続きませんでした。

どんなにあがいても、効果は限定的なのだ、と、今では思うようになりました。
老化を多少遅らせる位しか、効果はないのです。

もちろん、少しでも、この肌を保つように努力はします。
でも同時に、年齢相応のメイクとか、おしゃれに神経を使った方が、周りの人から見てもステキだろうし、精神衛生上も良いのではないか、と思うようになりました。

つくづく感じる体力の無さ

20代も折り返し地点に来て、つくづく感じるのは10代の頃と比べた体力の無さ……。
いざダイエットをしよう!と思い立っても、走る元気が沸いてこない。ハードなトレーニングなんて体が悲鳴を上げてしまう!
少し夜更かしをしただけで頭はクラクラ、肌はガサガサ、唇はストレスで荒れ放題。まだ20代なのに!これからもっと体が老いていったらどうなってしまうのだろうと、日々怯えながら早寝早起きを心がける毎日です。
最近は自分の体を労わるような手入れを心がけていて、顔を洗うこと一つでも、丁寧に行うようにしてます。蒸しタオルで毛穴を開き、たっぷりのきめ細かい泡で優しく洗う。洗ったあとはよくすすいで、オイルで肌を柔らかくしてから温めた化粧水を……。基本的なことをしっかりと、そこへプラスアルファの一手間を加えていくことが、年齢を重ねていく体には大事なのかなと思います。
また、ストレスへの対策は人それぞれだと思うので、早い段階で自分に合った発散方法を見つけるのが大事じゃないでしょうか。友達と思い切り遊んでスッキリする人、一人の世界に没頭することでスッキリする人、他にも、体を動かしたり、一日中眠ったり。本当に人それぞれだと思います。人それぞれ、年齢によってもそれぞれ。私がもう少し若い時の発散方法は、一日中カラオケで暴れまわること!でしたが最近はゆっくりお風呂でぼ~っと過ごすのが一番になりつつあります。ついでに髪から顔から全身パック、マッサージなんかもして、ストレス発散もできて自分も綺麗になれる。なかなかオススメですよ。
年を取ることがしんどくなってくると、心に余裕がなくなってくるなあと感じます。何かにせっつかれているような気分になって、焦ってしまう。老いという言葉は少し尻込みしてしまう響きですが、自分の年齢と上手く付き合って、余裕のある素敵な大人になっていけたらなと思います。

年齢と共にお手入れに変化

やはり肌も髪もまったく変化して、以前と同じお手入れではダメです。わたしは元々、乾燥肌ですが、べたべたした感触が嫌いで、年齢化粧品にありがちなリッチな感触が苦手でした。まだ子どもも小さく少しは家系に余裕のある頃には月に2~4回の割合でエステにも通っていましたが、子どもが成長するにつれ塾だ私立の学校だとそうも言っていられなくなってきました。それからは導入化粧水、保湿成分の高い化粧水、美白美容液、最後にさっぱりめのクリームと、それぞれドラッグストアで良さそうなものを選んで使っていたのですが・・・。50歳まではだましだまし使っていたのですが、さすがにこれでは保湿が追いつかなくなってきました。
そこで今の肌に合った良いものを選びたいと、お試し化粧品セットをいろいろな化粧品メーカーから取り寄せ、つけ比べてみました。有名なオールワンジェル化粧品、ドクターズコスメ、友人にすすめられたもの、テレビCMもしている年齢化粧品などなど。いろいろ試してやっと行き着いたのが、フラバンジェノール化粧品です。この頃あまり女性誌も購入していなかったので知らなかったのですが、口コミではかなり保湿効果が高いと評判なようです。
洗顔の後、コーセーのリポソーム(導入化粧液)をつけ、フラバンジェノールの美白美容液⇒化粧水⇒薬用美容液⇒クリームとライン使いしています。値段はけして安くはないのですが、他社のお試し化粧品セットの残りも使いながらなので、かなり長持ちしています。肌の状態はすごくよくなり、指先で触ってもふっくら柔らかです。
フラバンジェノールは肌の状態にはとても合っていて気に入っているのですが、じつは右頬に大きなシミがありまして。これを消したいと思い、少し前からシミ消しに定評のあるドクターズコスメをまたお試しセットで購入して使い始めました。こちらが、ぜんぜん潤わないのです。頬のはりがなくなりなんだかたるんできましたし、キメが流れているのも鏡で見て取れます。まぶたも唇もカサカサしてきました。シミが消えるまでと思って使っていますが、そう簡単に消えるわけもありません。なかなか思い通りの化粧品ってないものですね。

40代半ばから白髪が増え始めて

私は、48歳女性です。

自分でこのようなことを言ったら、自慢話になってしまい、気分を悪くする方もいらっしゃると思いますが、40代前半までは、若く見えて、大きな総合病院に行ったときに、後ろから視線を感じて、私のつま先から頭のてっぺんまで、誰かがじろじろ見ているような感じがしたので、急いで振り返ってみると、後ろにいた若い男性医師が顔を赤らめていました。
たぶん、私の後ろ姿をじっくり見ていたのだと思います。

ギリギリ40代半ばまでは、何とか、30代とそれほど大きく変わらないルックスを保っていたのですが、40代半ばすぎたころから、急激に白髪が増え始めて、特に、髪の表面、分け目など、目立つ部分の白髪が増えたので、頻繁にヘアマニキュアで白髪を染めないと、白髪が目立って老けて見えるようになりました。

また、小さい頃に父が「髪の毛がキレイになるように、ワカメを食べなさい」と言って、ワカメのお味噌汁をよく飲んでいたせいなのか、「髪の毛がキレイ」とよく人に言われて、ツヤのある、まっすぐのサラサラヘアだったのですが、だんだんと、髪にうねりがでてきて、特に、髪の毛母細胞が傷ついている箇所は、太い白髪で、なおかつ、らせん状の縮れた髪が生えてくるようになり、目立つし、地肌にかゆみがあるので、困っています。

また、40代前半までは、お肌に水分を保持する力があり、脚やお腹、背中などが、乾燥で痒くなることはなかったのですが、40代半ば過ぎから、お肌の水分保持能力が衰えて、肌が乾燥するようになり、脚、背中、お腹が乾燥で痒くなることがしばしばあって、おまけに粉を吹くようになってしまいました。
自分がつくづく、老化してきたのだな~と思って、悲しくなります。

若い頃は、男性もびっくりするほど、食欲旺盛で、食べても太らない体質だったのですが、中年になってからは、お腹、お尻にしっかりと贅肉がついてしまい、特に、仕事の関係で、夜の9時以降に夕食を摂ることが続くと、みるみる太ってしまいます。

やっぱり、若い頃に比べて、確実に代謝が落ちていますね。

ここ1年、忙しくて、運動不足気味で、ヒップアップのエクササイズをほとんど行えませんでした。
先日、気に入った洋服を見つけたので、試着したのですが、試着室の鏡で自分の姿をまじまじと見てみたら、ヒップが1年前と比べると、確実に垂れていました。

気に入ったパンツも、ヒップが垂れているのが目立つので購入は見送りました。

やっぱり、40代後半からは、体型を維持するエクササイズをこまめに行わないと、どんどん体型が崩れてしまいますね。

また、顎が細くて、シャープなフェイスラインだったのですが、中年になってからは、顎まわりに肉が付き、二重顎になり、あごのたるみが気になるようになりました。

あごのたるみは、見た目が良くないので、こちらも、しっかり、二重顎を解消するエクササイズをしないといけないと思っています。

50歳を過ぎるとシミ・シワ・くすみの悩み

50を過ぎると、シミ、シワ、くすみとお肌の悩みのオンパレードといった感じで気分が滅入ることが多くなってきました。ほうれい線も気になりますが、顔の中で一番年齢を感じる場所はやっぱり目元です。シワはもちろんのこと、まぶたに張りがなくなり、若い頃のようにアイシャドーやアイラインがうまく入れられなくなりました。特にアイラインは皮膚を思いっきり引っ張らないと描けないので、ペンシルタイプは使えなくなり、筆タイプのものに変えました。また、肌の潤いが徐々に失われていくことによってファンデーションも固形タイプは粉が浮いたような感じになるので、リキッドタイプのものに変わりました。年齢と共に確実に使う化粧品の種類が変化していっています。髪も同じようなもので、艶やハリ、コシがなくなり、髪のボリュームも若い頃に比べて大幅ダウン…。おまけに抜け毛もひどくなり、最近は女性用部分カツラのCMが妙に気になり始めたところです。髪が痩せていくといった感じで、分け目ばかりが目立つようになってしまいました。体が痩せるっていうのなら大歓迎なんですけど、髪だけ痩せるっていうのは悲しいですよね。薄毛の悩みって決して男性だけのものじゃないんだと今痛切に感じています。加齢臭っていうのも男性だけのものじゃないんですね。今まで夫の加齢臭をバカにしてきたんですが、最近自分も「臭ってるんじゃないか?」と思うことが多くなりまして気にするようになりました。以前に比べて体臭がキツクなったような、汗の臭いにも変化があるような気がします。生きていれば老いるということは当然で逃げられるものではないのですが、やはり自分の体の変化というものはショックなもので、気持ちが追いついていないというところがあります。どこかで自分の老いを受け入れられないといった状況です。

40代で旧に肌質や髪質が変わりました

40代に入って急に 肌質や髪質が変わりました。そして、食べても太らない体質だったのに体重は増加するいっぽう、妊娠中より太ってしまっているありさまです。
肌質については、もともと 肌が綺麗なわけではありませんでしたが それまであまり気にならなかったシワ、シミ、くすみ 、たるみなどが一気に出てきてしまい、いっきに老いが来たな と感じるほどです。
化粧品も今までとは違ってシワや毛穴の開きやくすみを目立たなくするものなど、ダメージをカバーするものを購入するようになりました。化粧は以前よりも時間がかかる割りに仕上がりはいまいち。鏡を見ながらため息ばかりです。
なんとか肌の状態を改善しようとサプリを試したり、ヒアルロン酸やビタミン配合の薬品を使用してみていますが効果はいまいちです。せめて 今の肌状態を維持することに務めようと、 紫外線対策にも力を入れるようになりました。
髪の毛の変化で一番多いを感じたのは 白髪と薄毛です。若い頃は柔らかくてみずみずしかった髪の毛も硬くごわつくようになり、 以前は気にならなかったのに抜け毛は増え、 生え際や分け目の薄毛が目立つようになりました。 シャンプー後に排水口にたまる髪の毛をみると本当にかなしくなります。
最近はスプレータイプの育毛剤を使ってみたり、 洗髪する時の頭皮のマッサージはかかせません。
体重増加に伴う体型の改善もサプリやウォーキングでなんとかしようと頑張っています。 若い頃に私は太らない体質なんだと過信していたことを今更ながら反省しています。
子供もまだ小さく 若いお母さん達の中にまざることも多いので、 引け目を感じないように せめて現状維持は頑張ろうと思う毎日です。

生活が乱れると見た目に変化

10代のころはオールで遊んだり、脂濃いものやお菓子を好きなだけ食べていても全く問題がなかったのですが、23歳ころから生活が乱れると見た目に表われるようになりました。
まずあれ?と思ったのが、23歳ころから仕事などで徹夜すると次の日にメイクが上手くできないことが増えました。目の下のクマが出てるとかは10代のころからありましたが、アイラインがキレイに引けなかったりいつも通りファンデーションをしているのにカサカサしていて汚いなど段々と若くないんだなと実感するようになりました。
さらに、食事も美容に影響がもろに出るようになってきました。脂っこい食事が続くと吹き出物が出るようになりました。若いころのニキビと違って洗顔だけでは消えてくれず一度吹き出物が出ると食事や睡眠をしっかりとらないとなくなりませんでした。
25歳を過ぎたあたりからは、代謝が落ちたようで好きな物を好きなだけ食べる食事もお腹回りにすぐに蓄えられてしまって今まではどんなに食べても体重が増えなかったのに、すぐに増えるようになってしまいました。
しかも増えた体重を元に戻すのためには増えた2倍の期間は運動と食事を減らす必要があり、体重をキープするだけでも一苦労でした。体重が戻っても体型はだんだんとおばさん体型に近づいていて、ポッコリお腹と特に二の腕のたるみがひどくなってきました。

10代と20代はあまり変わらないと思っていましたが、何もせずに肌が潤っていて、何をしても次の日にはリセットされていた10代はやっぱり特別に若かったのだなと感じています。
20代はまだまだ若いと思って10代と同じようにしていたらあっという間に肌も体の中もボロボロになるのが手に取るように分かるようになりました。