美容は常に老いとの戦いだから

年齢を重ねる事と美容の悩みを綴っています

未分類

おばさんからおばあさん顔に変化しつつある

投稿日:

53歳の主婦です。

8年くらい前の話です。
ふと、外出先で鏡に映った自分の顔を見ると、目の下、頬の下、口元、と、斜め下に走っているラインがくっきりと見えました。
丸顔だと思っていたのに、輪郭が長方形になっているし…。
それが、自分が本格的に、おばさんからおばあさん顔に変化しつつある、と実感した瞬間でした。

もちろんこれまでも、目の下のちりめん皺は30代から出ていたし、そばかすがくっついてしみになっているのも、わかっていました。
40代に入ったころからは、保湿しても保湿しても間に合わないくらい乾燥するようになって、二日に1度はシートマスクに手が伸びるようになっていました。
でも、ほうれい線や輪郭の変化は、それ以上の衝撃だったのです。

同じ時期に、目じりにカラスの足跡がくっきりと刻まれたり、おでこに横皺が入るようになりました。
立て続けに大きな変化が出てきたので、その時期は本当にへこんだのを覚えています。

化粧品もエイジングケアのラインを使っていたし、生活リズムや栄養にも気を配っていました。
もちろん紫外線対策は、日焼け止めだけじゃなく日傘や帽子も使っていたので、ばっちりな筈でした。
でも、老化のサインって時期が来れば出てしまうんですよね。

この大きな変化を目にして、さらに対策を考えました。
慌ててコラーゲンを飲んでみたり、高い美容液を買ってみたり、雑誌で見た顔の筋肉のトレーニングをしてみたり…、とあがき続けました。

でも、美容サプリなんて、本当にどれだけ効果がるのか怪しいものです。
効いた気になると効果があるような気するし、でも、ないような気もする、というくらいしか効きません。
美容液も、効果があっても一時的です。
顔のトレーニングは、確かに続ければ効果があるのでしょうが、非常に面倒くさくて続きませんでした。

どんなにあがいても、効果は限定的なのだ、と、今では思うようになりました。
老化を多少遅らせる位しか、効果はないのです。

もちろん、少しでも、この肌を保つように努力はします。
でも同時に、年齢相応のメイクとか、おしゃれに神経を使った方が、周りの人から見てもステキだろうし、精神衛生上も良いのではないか、と思うようになりました。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

生活が乱れると見た目に変化

10代のころはオールで遊んだり、脂濃いものやお菓子を好きなだけ食べていても全く問題がなかったのですが、23歳ころから生活が乱れると見た目に表われるようになりました。 まずあれ?と思ったのが、23歳ころ …

no image

逃げるは恥だが役に立つを見て不覚にもときめく私

今週、TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回が終わってしまいました。 何でしょうこの空虚感。。 逃げ恥ロスってやつでしょうか。。 正直なところ、初めのうちは全く興味が湧かず、第7話までは全然見 …

no image

30代になって顔のシミ・小じわ・ほうれい線が目立つ

30代になって、一気に顔のシミ・小ジワ・ほうれい線などが目立つようになってきました。 若い頃相当無茶をした…というわけではありませんが、だからと言って特別美容に対してこだわりを持っていたわけでもなく… …

no image

綺麗なものを鑑賞するのも美容

最近すごく思ったのが、綺麗なものを鑑賞するのも美容だなってこと。 綺麗なもの、美しいものって、 心を和ませてくれます。 とってもストレス発散になったり、体や頭の中の悪いガスを出してくれるような感じに。 …

no image

若い頃のようにやり直しが効かなくなった

まず、なんといっても若い頃と比べて体力がさがりました。高齢出産のせいか出産後なかなか普通の生活に戻れませんでした。すぐ疲れてしまい、子供が寝たら私も寝てしまっていたら体重がどんどん増えて太ってしまいま …