美容は常に老いとの戦いだから

年齢を重ねる事と美容の悩みを綴っています

未分類

おばさんからおばあさん顔に変化しつつある

投稿日:

53歳の主婦です。

8年くらい前の話です。
ふと、外出先で鏡に映った自分の顔を見ると、目の下、頬の下、口元、と、斜め下に走っているラインがくっきりと見えました。
丸顔だと思っていたのに、輪郭が長方形になっているし…。
それが、自分が本格的に、おばさんからおばあさん顔に変化しつつある、と実感した瞬間でした。

もちろんこれまでも、目の下のちりめん皺は30代から出ていたし、そばかすがくっついてしみになっているのも、わかっていました。
40代に入ったころからは、保湿しても保湿しても間に合わないくらい乾燥するようになって、二日に1度はシートマスクに手が伸びるようになっていました。
でも、ほうれい線や輪郭の変化は、それ以上の衝撃だったのです。

同じ時期に、目じりにカラスの足跡がくっきりと刻まれたり、おでこに横皺が入るようになりました。
立て続けに大きな変化が出てきたので、その時期は本当にへこんだのを覚えています。

化粧品もエイジングケアのラインを使っていたし、生活リズムや栄養にも気を配っていました。
もちろん紫外線対策は、日焼け止めだけじゃなく日傘や帽子も使っていたので、ばっちりな筈でした。
でも、老化のサインって時期が来れば出てしまうんですよね。

この大きな変化を目にして、さらに対策を考えました。
慌ててコラーゲンを飲んでみたり、高い美容液を買ってみたり、雑誌で見た顔の筋肉のトレーニングをしてみたり…、とあがき続けました。

でも、美容サプリなんて、本当にどれだけ効果がるのか怪しいものです。
効いた気になると効果があるような気するし、でも、ないような気もする、というくらいしか効きません。
美容液も、効果があっても一時的です。
顔のトレーニングは、確かに続ければ効果があるのでしょうが、非常に面倒くさくて続きませんでした。

どんなにあがいても、効果は限定的なのだ、と、今では思うようになりました。
老化を多少遅らせる位しか、効果はないのです。

もちろん、少しでも、この肌を保つように努力はします。
でも同時に、年齢相応のメイクとか、おしゃれに神経を使った方が、周りの人から見てもステキだろうし、精神衛生上も良いのではないか、と思うようになりました。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

産後の抜け毛と虫歯

私は、若いころ早く30代になりたいと思っていました。夫が年上の事もあり、夫の知り合いがみんな年上で精神年齢も高いし素敵な女性ばかりだったので憧れる気持ちが強かったです。 実際、その年齢になると精神年齢 …

no image

35歳過ぎからお肌と体の不調

丸顔の童顔のせいか、30代前半は年齢に関してさほど気にしていなかったのですが35歳過ぎた頃から様々なお肌と体の不調が生じてきました。 まずは太りだした事。多少の増加はありましたが何日かすれば自然と体重 …

no image

30歳前に毛穴の開きが気になりエステに

美容は基本的に私は30歳前くらいまでは面臭がり屋でもあった為、うといほうだったと思います。 でも30歳を前にふと鏡を見てみると、シミ、毛穴の開きがとても気になりだしエステに通うようになりました。そこで …

no image

肌にハリが無くなって

20代の時と比べて肌にハリがなくなっていると思います。毛穴も開いてきたので化粧ノリも悪いように感じます。他の30代後半の人に比べれば、まだ結婚もしていないのでお手入れは時間をかけてできますが、仕事が忙 …

no image

今年も秋の乾燥の季節に

10月も後半に入り、徐々に寒くなって来ましたね。そして乾燥する季節に。 ちなみに、どうして乾燥するかご存知ですか? 多分多くの方はもう分かってるとは思いますが、簡単に説明しますと、 水が蒸発して空気の …